arc-d blog

arcd.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:想い( 29 )


2017年 12月 09日

高校野球

d0106648_14193334.jpg

太田高校硬式野球部
文武両道
本気で野球、そして本気で勉強
それぞれの温度差はあり、それぞれの悩みや葛藤を持ちながら、
毎日、毎日、朝早くから夜遅くまで精一杯、もがいています

d0106648_14270786.jpg



新チームになってからの成績は負けて、負けて、負けて、、
誰かが怪我をして、、、復活したと思ったら、、
誰かが心が折れて、、、
なかなか、全員がいい状態でそろえない苦しい状態

d0106648_14333483.jpg

残すところ、あと7ヶ月。
結果を残せることは大事だが、最後までどう走りきるかが、重要だと思う
悔いを残さないことは不可能だと思うけれど、
もうこれ以上踏ん張れないぐらい、倒れこむぐらい、
みんなでもがき、苦しみ、乗り越えてほしい

d0106648_14432002.jpg









[PR]

by arc-d | 2017-12-09 14:45 | 想い | Comments(0)
2012年 03月 11日

一年




 時は流れない。 雪のように降り積もる。
人は優しくなったのか。 賢くなったのか。






使い慣れた言い回しにも嘘がある。
時は流れる、という。流れない「時」もある。雪のように降り積もる

復興の遅々たる歩みを思えば、針は前にも進んでいない。
今も午後2時46分を指して、時計は止まったままである。



口にするのも文字にするのも、気のめいる言葉がある。
「絆」である。
その心は尊くとも、言葉にすれば嘘に染まる・・・

石巻市には市が自力で処理できる106年分のがれきが積まれている。
すべての都道府県で少しずつ引き受ける総力戦以外には解決の手だてがないものを「汚染の危険がゼロではないのだから」という受け入れ側の拒否反応もあって、がれきの処理は進んでいない。
羞恥心を覚えることなく「絆」を語るには、相当に丈夫な神経が要る。


人は優しくなったか。 賢くなったか。


雪下ろしをしないと屋根がもたないように”時下ろし”をしなければ日本という国がもたない。
ひたすら被災地のことだけを考えて、ほかのすべてが脳裏から消えた1年前のあの夜に、
一人ひとりが立ち返る以外、時計の針を前に進めるすべはあるまい。




                                 読売新聞    編集手帳より
[PR]

by arc-d | 2012-03-11 21:44 | 想い | Comments(0)
2012年 03月 09日

小学校

d0106648_20495496.jpg


 今週初めから学級閉鎖にてヒマなハルくん。
元気なだけに本当に困ります・・・(泣笑)

1日目も2日目も3日目も4日目も体力と時間をもてあまして、くすのきに上ったり下りたり、上ったり下りたり、
何かの動物をみているようで(笑)



元気な子供たちもきびしいですが、
仕事をもっている母たちには本当にきびしい、、、
普段あずけている学童保育も学級閉鎖のこどもを預かってくれないと嘆く母たち。


ハルを含め、ほとんどの働く母をもつ子供は一人で家で一日を過ごさねばならない。



少し欠席者がでるとすぐ早帰り、学級閉鎖、、、、の学校。
しかも、10時20分のメールで10時40分に下校となります、、、、などという急なメールでの連絡。



ちょっと、ひどいです。。。
皆、だいぶ怒っております、、、
かなり怒っております、、、

d0106648_2122841.jpg














くすのきの上からにらんでいます、、、(笑)
[PR]

by arc-d | 2012-03-09 21:20 | 想い | Comments(0)
2012年 02月 24日

インフルエンザ

 今日もまた学校より 何年何組を早帰りとします   という急なメール。
昨年の震災以来、すぐに連絡がとれるようにと学校が親の携帯へメールを流すようになりました。



ここ2週間、インフルエンザのお休みが多いと急に早帰りにする措置をとる学校。
何年何組でインフルエンザが流行ってきているので、外出を控えてください   などのお手紙まで配り、、、



するとそれらを素直にうける母たちは、
いろいろ気になってきて、とにかく敏感になってきて、


野球のグランドで柔軟体操をする相手の状態や何年何組かまで気にする人まででてくる。。。。


今やインフルエンザですという証明書を医者で書いていただき、
治りましたという証明書までださないと学校へ行けないという群馬県。





テレビや新聞でおおげさなほど取り上げるインフルエンザ。



インフルエンザの後ろに隠れる マスコミ、医者、製薬会社、政治家、経済、、、、


誰かがとっても得をしていて、それはとっても深い連鎖になっているようにしか思えない。



本当に必要なワクチンなのか、、、本当に必要な薬なのか、、、



ワクチンや薬でわが子を急に失ってしまった多くの親たちが一生懸命、そんな人たちが増えないようにと
国に訴えていることを みな知らない。   薬害タミフル被害者の会




医者という仕事にプライドを持って信念を貫いている診療所の先生はいつもこう言います。



インフルエンザは風邪です。

ならないためには、良く動き、良く食べて、良く寝る。

なってしまったら、休養をとり、温かくして、好きなものを食べ、ゆっくりする。

まわりに振り回されないで。

大丈夫。


                                   


いつもとっても混んでいる診療所ですが、母たちは先生の話を聞きにきて、
薬をもらわず、帰っていきます。

毎日、毎日、子供たちのことを一番に考え、何かを一生懸命伝えている先生。
本当に尊敬します。
[PR]

by arc-d | 2012-02-24 13:00 | 想い | Comments(0)
2011年 07月 15日

反省。。。

 来週から夏休み。
早いです・・・(汗)


ハルハナさんといろいろ予定を話し合い。
遊びやお墓参りや学校のプールやお祭り、行きたいところはたくさんで、とても忙しそう。


そんな中、昨年どこへ行ったんだっけ・・・とブログを見ていたら、ハナさんの心臓検診の記事発見・・・・・冷汗です・・・


毎年、半年前から予約をとらないと受けられない一年に一度の心臓検診・・・
もう9年しているのに、忘れてしまいました(涙)

はぁぁ。。。反省です。



急いで電話をしてみたら、7月・8月の中で一日だけ枠が空いており。。。とりあえず良かった・・・



ごめんよ、ハナさん。


d0106648_14194717.jpg

[PR]

by arc-d | 2011-07-15 14:21 | 想い | Comments(0)
2011年 04月 11日

1ヶ月

d0106648_10255711.jpg


           震災から1ヶ月。
      被災地では、本当に苦しい状況が未だ続いています。

      テレビでの映像を見ていると、苦しくて、苦しくて、涙がとまらないのも
      変わりません。



      むしろ、見ないようにしないと、気持ちが一歩も前へ進めなくなります。



      計画停電もなく、少しづつ、日常をとりもどし、ひたすら前を向いてすすむ。
      日常に戻ってはいけない・・・と助言を下さる方もいらっしゃいますが、
      起こったことを忘れているわけではありません。

d0106648_10254921.jpg


   私たち30代、40代、一番日本を背負っている年代だと自覚して、
   とにかく子供たちを守るため、家族を守るため、市民を守るため、国民を守るため、
   経済を動かしていかなければならない。
   そんな使命感をもって、それぞれが持っている仕事を少しずつでも前に動かしていくことが、
   今、できること。。。。なのではないか・・・
   そう思うようにして、日々淡々とがんばる。


    みんなでがんばりましょう
[PR]

by arc-d | 2011-04-11 10:28 | 想い | Comments(0)
2011年 03月 18日

1週間

 地震から1週間。
未だ発見されていない方も多く、物資の届かない被災地も。


毎朝、テレビで見る被災地の状況。
被災地の方々やそこへボランティアで行っている方。
それぞれ、過酷な状況の中、必死でがんばっている。


車が使えない中、中学生たちがリュックに食料などの物資をつめて、
歩いて避難所をまわり、
みなお互いのことを気遣い、助け合い、励ましあい。



涙を流すことと祈ることぐらいしかしていない自分にいらだち。

小さいことしか、できませんが、
一枚多く着て、暖房を消し、節電、募金。
そして、とにかく自分の仕事をする。
d0106648_1057520.jpg


せめて、早く暖かくなってください・・・
[PR]

by arc-d | 2011-03-18 11:03 | 想い | Comments(0)
2011年 01月 27日

怒 (長いですよ・・・笑)

 ここの所、太田市内に急激に増えてきた青色LEDの防犯灯。
今年度中に全てのライトを青色LEDに換えると清水市長は言っている。

先週のある日、自宅に戻ると、我が家が青々と照らされていた・・・(怒)
自宅の敷地内に立つ電柱についているライトがいつの間にか、青色LEDに交換され、
柿の木や庭も青々と照らされ、寒々しく、温かみのない、気持ちの暗くなるような・・・
とにかく気持ち悪い。


なぜ青?

d0106648_11191783.jpg


調べてみると、全国でもかなり前から青色のライトを導入している自治体がみられました。
”青”は人の気持ちを沈静化させる効果が高いため、
犯罪をしようとしている人の気持ちを静められるだろう・・・
という理由や、黄色やオレンジよりも明るく、周りが見やすくなる、といった理由で選ばれているらしいです。


しかし、各自治体はきちんと頭をつかい、考え、青色LEDがふさわしい場所(駐輪場やちかんの多い場所)のライトを交換していっています。
それでさえ、全国で反感の声は多く、本当に青色は良いのか・・・と疑問に思っている方が、たくさんいらっしゃいます。



全てを換えるのは”全国初”と嬉しそうにかがげている太田。
考えずに全てを換えるのは容易ですものね。
むしろ、その全国初に興味があるだけのようにも思えますけど。



色を重要視しているのならば、
それによって、変わってしまう町の風景も想像できているのだろうか。
一つならライト、しかし、集まれば風景。その町のイメージ。




色はとても大事です。
炎を囲んで生きてきた人間は、本能として、オレンジ色の光に癒されます。
焚き火をしているとなんだか、本音が言えたり、
薪ストーブをみていると気持ちがリラックスしたり。


家の中のライトの色も重要ですが、
町だって、とっても大事です。



日々、夜の太田を見るとがっかり・・・+いらだち。
青々と照らされた薄気味悪い風景。
私には、みんな、虫を殺すライトにしか見えません。
寒々しく、おばけやしきのような気持ちの暗くなる活気のない景観です。



仕事柄、東京から訪れる人が多い、我が家。
なんか気持ち悪いね・・・と言われることが多いですが・・・本当に気持ち悪いです。


我が家を照らしている青色LED・・・黄色に交換していいですか・・・(笑)
[PR]

by arc-d | 2011-01-27 11:18 | 想い | Comments(2)
2010年 11月 08日

成長。

 明日、明後日とエアリスホールで行われる太田市の全小学校対象の音楽祭。
各学校から代表の学年がでるそうなのですが、ハルハナさんの学校は4年生が代表。
そのリハーサルが今日行われました。

ずいぶん前から練習を重ねていたのは、知っていたのですが、
見に行かなくてもいいかな・・・なんて、思っていた母。
めずらしく、ハルくんが見にきてほしいと言うので、リハーサルを見学しに。


そんなつもりはなかったのですが、あんまりにもみんなが一生懸命歌っている姿に涙してしまいました(笑)
散々、めんどくさいだの嫌だと言っていた我が家に来る反抗期にはいりだした男子たち。
大人になる階段にのぼりはじめたけど、まだ幼い、そんな4年生。
そんな彼らが、ちゃんときっちり白いワイシャツをきて、リボンをつけ、黒い半ズボンに白いハイソックス・・・
大きく手を動かし手話をしながら、歌っていました。


これから、どんどんむさくなっていく彼らのこんな姿、もう見られないだろうな・・・
なんて、思っていたら、涙、涙・・・(笑)


はー、ビデオでも撮っておけば良かったなあ・・・
[PR]

by arc-d | 2010-11-08 10:09 | 想い | Comments(0)
2009年 11月 19日

タミフル

 家族でいつもお世話になっている宝診療所。
薬をほとんどださないことで有名なのですが、(ご近所で)
その信念には、驚かされます。

ほとんどの患者さんは、先生に説明と”だいじょうぶよ”という言葉をいただき、
帰っていきます。

薬をださないということは、儲からないんだろうなあ・・・と先生に聞いてみると


お金なんて、墓場に持って行けないもん。
残していく子供たちが大事^^


そんな風にまっすぐ生きている先生はかっこいいです。
そんな先生が一生懸命みんなに説明しているのが、タミフル。
世界一のタミフル使用国の日本。
インフルエンザになったら、タミフルがないと大変・・・と思ってしまっている人も多いはず。
新聞やテレビに出ている人も口をそろえて言っています。

だけど、タミフルの副作用で被害を受けている人は多く、
薬害タミフル脳症被害者の会では、たくさんの副作用の報告がされています。


その数は驚くほどの人数です。
異常行動などの報道を少し耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、
現在もタミフルの安全性は実証されていないようです。

インフルエンザへの恐怖をあおるような報道に振り回されず、
いろいろな形で、情報を得る必要があるようです。

診療所での新型インフルエンザの患者さん約400人。
薬なしで、みなさん回復したようです。

我が家のハナさん、心臓疾患持ちで心配しましたが、9月にかかり、薬なしですぐ良くなりました^^
[PR]

by arc-d | 2009-11-19 14:19 | 想い | Comments(0)